出来れば早めに勃起不全を克服したい!

まだ若い…結婚も考えている…子供も欲しい。なのに勃起不全だと思うと気が引けてしまうので早めに勃起不全を克服したいと思うけど病院で診察するのは抵抗ある。そんな時こそ勃起不全の治療薬で克服をして幸せをつかんでみませんか。

*

本当に飲んで大丈夫なのか心配…カマグラゴールドの副作用

      2016/10/12

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品で、主成分にはバイアグラと同じクエン酸シルデナフィルが配合されています。

クエン酸シルデナフィルは、体内酵素の一種であるPDE5酵素の働きをブロックする阻害薬です。男性が性的に興奮すると体内の一酸化窒素が増えます。すると血管拡張物質が大量に生成されて、ペニスの血管が拡張しそこに大量の血液が流入すると勃起が起きます。PDE5酵素は、この血管拡張物質を壊してペニスの血管を弛緩させ勃起を終わりに導く酵素です。

カマグラゴールドの主成分であるクエン酸シルデナフィルは、この酵素の働きをブロックすることで血管拡張物質の減少を防ぎ勃起の維持を助ける医薬品です。このようなメカニズムによって、服用することで血管の拡張が維持されるので血管拡張に伴う症状が高い割合で発現します。

副作用で多いのはほてりや鼻づまり

カマグラゴールドの副作用でポピュラーなのは、紅潮やほてり、鼻づまり、頭痛などです。

紅潮やほてりは、飲酒時に顔が赤くなったり体が熱くなるのとよく似ています。鼻づまりは風邪をひいた時の状態と表現する方が多く、鼻腔が狭くなることで感じる症状です。頭痛は人によって現れ、特に初めてカマグラゴールドを使用した人に多く見られる傾向がありますが、頭痛としては軽度です。

これらの副作用はいずれも血管の拡張により血流がよくなったことによって発症するもので、副作用としては軽度の症状なので医師の指導を受け注意事項に沿って正しく使用していれば大丈夫です。

用法など正しく守ることは大事

どんな医薬品についても言えることですが、無理な使用方法は副作用を重症化させることに繋がりますので医師に指導された用法・用量を守ることは大前提です。

服用する用量については体質や体格によって微妙に適量が変わってくることがあります。カマグラゴールドは日本人向けに製造されたわけではなく海外の方に向けて製造されています。よって特に初めて使用される場合・体質に合うかどうか心配という方では、ピルカッターなどでカットしたものを少量からスタートするのが安心です。

しかし、少量からのスタートの場合、仮に効き目が弱いと感じたケースでもすぐに追加で服用するのは厳禁です。カマグラゴールドの服用は24時間以上の間隔をあけることになっていますから、少量で服用を開始した場合でもその間隔をしっかり守ることが安全な使用につながります。何度か試してみて少ないと感じた場合にそこで量を増やしましょう。

さらに服用時には水か白湯を用います。これは水にはその薬の作用が強く現れ過ぎないよう調整する働きがあるためです。例えばコーヒーなどで服用することで副作用症状が重症化する場合がありますので要注意です。