出来れば早めに勃起不全を克服したい!

まだ若い…結婚も考えている…子供も欲しい。なのに勃起不全だと思うと気が引けてしまうので早めに勃起不全を克服したいと思うけど病院で診察するのは抵抗ある。そんな時こそ勃起不全の治療薬で克服をして幸せをつかんでみませんか。

*

原因は何だったのか…勃起不全になるいくつかの原因

      2016/09/02

勃起不全には、心理的なものから生活習慣まで様々な原因があります。原因を大きく4つに分けると、心因性、器質性、2つの混合、薬剤性になります。

原因が心因性の場合

心因性は、ストレスやプレッシャーなどが影響して起こる症状です。

1度上手くいかないことがあると、次も同じように失敗してしまうのではないかという不安から症状が起こることも少なくはありません。また、睡眠不足や過労、過去のトラウマから起こることもあります。勃起不全は、ストレスやプレッシャーから起こることが多いと言われているので、体に異常がないのに勃起が起こらないという方は、自分なりのストレス解消法を見つけ緊張を緩め、リラックスした状態でいることを心掛けておくと良いでしょう。

原因が器質性の場合

器質性は、血管障害や神経障害、陰部の外傷など体に異常や障害があるために勃起を起こすことが出来ない症状です。

症状には個人差がありますが、朝勃ちが起こることもなく自慰を行っても反応しないことがあります。糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病は、動脈硬化を引き起こすことがあります。動脈硬化になると血液の循環が悪くなるので、陰茎海綿体にも十分に血液が行き届かず勃起しにくくなることがあります。
また、脳腫瘍や脳外傷、脊髄損傷など神経に問題が起こる病気を患うと、脳からの信号が上手くペニスに伝達しないことがあるので、勃起が上手く起こらないことがあります。

予防をするためには、まず、生活習慣病の予防を心掛けましょう。
規則正しい生活、栄養バランスがとれた食生活、適度な運動を心掛けることが重要です。アルコールの摂取量が多かったり、喫煙も体に悪影響を及ぼすので、アルコールは適量を心掛け、喫煙も控えるようにしましょう。

原因が心因性と器質性の混合の場合

2つの混合は、50代以降に多く現れます。

心因性も器質性もどちらの特徴も備えていると混合に分類されます。

原因が薬剤の場合

薬剤による副作用も勃起不全を引き起こすことがあります。

神経や循環器系、消化管に作用する薬剤などの副作用で勃起が起こりにくくなることがあるので注意が必要です。薬の服用が一時的なものであれば、服用をやめると正常に勃起が起こるようになることがほとんどです。どうしても副作用が気になるときは、医師に相談をしてみましょう。

原因を知ってこそ治療が出来る

勃起不全の原因はこのように様々なので、自分の症状の原因は何かということを考え予防や対策を検討すると、勃起が正常に起こるようになるのではないでしょうか。まずは自分の勃起不全の原因を知ることが大切となります。